量子もつれ光子対を利用した量子計測デバイスの研究

EN
menu
文部科学省
光・量子飛躍フラッグシッププログラム(Q-LEAP)
量子計測・センシング / 基礎基盤研究
量子もつれ光子対を利用した
量子計測デバイスの研究

可視域の光源と検出器のみで、
中赤外から遠赤外領域での高感度吸収計測を
可能にする、「量子赤外吸収計測」
の研究をおこなっています。

Research

本プロジェクトでは、量子もつれ光や量子干渉を利用した、 新たなセンシングテクノロジーを開拓します。 具体的には、可視域の光源と検出器のみで、 中赤外から遠赤外領域での高感度吸収計測  を可能にする、「量子赤外吸収計測」 の実現に向けた研究をおこないます。

京都大学の竹内グループを中心として、4つのグループが密接に連携し研究・開発を推進します。

  1. 赤外量子吸収計測の研究(京大竹内グループ)
  2. 上方変換による赤外光子検出の研究(京大田中グループ)
  3. 高速・中赤外域での超伝導光子検出器の開発(NICT寺井グループ)
  4. 可視・赤外量子もつれ光子対発生用擬似位相整合素子の開発(島津徳田グループ)
組織構成  研究概要